ロイヤルオーク いつから?

ロイヤルオーク いつから?

オーデマ ピゲのロイヤルオークは、1972年に誕生した高級スポーツウォッチです。世界初のステンレススティール製ラグジュアリースポーツウォッチとして知られ、その斬新なデザインと優れた機能性で高い人気を博しています。


ロイヤルオーク スーパーコピーは、当時オーデマ ピゲの最高経営責任者だったジョルジュ・ゴレイの依頼により、デザイナーのジェラルド・ジェンタがデザインしました。ジェンタは、潜水用ヘルメットをヒントに、八角形のベゼルと一体化したケースを設計しました。このユニークなデザインは、瞬く間に話題となり、ロイヤルオークは世界中の時計愛好家から注目を集めました。

ロイヤルオークは、ステンレススティール製のほか、ゴールドやプラチナなどの貴金属製モデルも展開しています。また、クロノグラフやパーペチュアルカレンダーなどの複雑機構を搭載したモデルもラインナップされています。

ロイヤルオークは、誕生以来40年以上経つ現在でも、世界で最も人気のあるスポーツウォッチの一つです。その洗練されたデザインと優れた機能性は、多くの時計愛好家を魅了し続けています。

ロイヤルオーク誕生の背景

1970年代初頭、スイスの時計業界はクォーツショックに見舞われていました。クォーツ時計は、機械式時計よりも安価で正確だったため、市場に大きな影響を与えました。多くの時計メーカーが経営危機に陥り、オーデマ ピゲもその例外ではありませんでした。

このような状況下で、オーデマ ピゲは新しい市場を開拓する必要に迫られていました。そこで、同社はラグジュアリースポーツウォッチの開発を決定しました。ラグジュアリースポーツウォッチは、それまで高級時計とスポーツウォッチを兼ねたモデルはなく、新しい市場を開拓できると期待されたのです。

ロイヤルオークのデザイン

ロイヤルオークのデザインは、ジェラルド・ジェンタによって手掛けられました。ジェンタは、イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニのカウンタックのデザインも手掛けたことで知られる著名なデザイナーです。

ジェンタは、ロイヤルオークのデザインにあたり、潜水用ヘルメットをヒントにしました。八角形のベゼルと一体化したケースは、ヘルメットのフェイスカバーを思わせます。また、ベゼルとケースの接合部には、ネジが打ち込まれており、これはヘルメットのボルトを模したものです。

ロイヤルオークのデザインは、それまでの高級時計とは一線を画すものでした。その斬新なデザインは、瞬く間に話題となり、ロイヤルオークは世界中の時計愛好家から注目を集めました。

ロイヤルオークの機能性

ロイヤルオークは、その洗練されたデザインだけでなく、優れた機能性も備えています。ケースはステンレススティール製で、耐磁性と耐水性に優れています。また、風防にはサファイアガラスを採用しており、傷や衝撃に強いのが特徴です。

ロイヤルオークは、3針モデルのほか、クロノグラフやパーペチュアルカレンダーなどの複雑機構を搭載したモデルもラインナップされています。これらは、実用性に優れたスポーツウォッチとして、多くの人々から支持されています。

ロイヤルオークは名実ともにラグジュアリースポーツウォッチの王様

ロイヤルオークは、誕生以来40年以上経つ現在でも、世界で最も人気のあるスポーツウォッチの一つです。その洗練されたデザインと優れた機能性は、多くの時計愛好家を魅了し続けています。

ロイヤルオークは、その高い人気から、多くの偽物が流通しています。そのため、購入の際には信頼できる販売店を選ぶことが大切です。

0 thoughts on “ロイヤルオーク いつから?”

  1. シチズン チタン ダイバー より:

    シチズンのチタンダイバーは軽量で耐久性があります。水中でも快適に使える優れたスポーツウォッチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です